求人センターからのお知らせ。関西ソフトサービス部門No.1

求人センターからのお知らせ

セクキャバとクニクニクラブの違いを徹底検証!

セクキャバ

皆さんセクキャバってご存知ですか?
セクシーキャバクラの略なんですが
お触りやキスありの
キャバクラ版だと思っていただくと
イメージしやすいかもしれません。

そこで思いました。
(あれ、セクキャバってクニクニクラブより過激なサービスなんじゃないのか?)
と!

なので今日はその辺をリサーチして
比較してみましたので
どうぞ参考にしてみてください。

お給料

給料

セクキャバは時間給であり
クニクニは1本あたりでお給料が決まります。
給料差でいうとクニクニはセクキャバの2倍なので
単純計算でセクキャバの半分の仕事量で
同じだけ稼げます。

セクキャバの場合

基本的に時給3000円~4000円です。
接客人数関係なくこの値段になります。
月の売り上げに比例してお給料の上下が行われます。
8時間勤務で3万程

メリット

例えお客さんがいなくても
お給料が発生する。

デメリット

給料UPまでの期間が長い
頑張りが認められにくい

クニクニクラブの場合

選んでくれるお客さんがいて初めてお給料が発生。
一律60分8000円
+指名料で1000円
クンニ以外のサービスはオプションなので
それが出来ればさらに+オプション料
8時間勤務で3~4万ほど

メリット

採用されればどなたでも8000円のスタート
指名やオプションが乗ればさらに金額UP

デメリット

完全歩合制
雑な接客をいていれば
お客さんが付きにくくなり
稼ぎが減る事もある

仕事内容

仕事内容

両方とも性的なサービスではありますが
全くもって違う内容になってます。
人によっては風俗であるクニクニより
セクキャバのほうが過激なサービスだと
思う人もいるかもしれません。

セクキャバの場合

基本的には
・ディープキス
・乳首を舐められる
・おさわり
・店によっては指入れ
下半身は脱ぐと法律違反になるので
裸になるのは上半身までです。
お酒は飲まなくても構いません。
男性側は抜きなしです。

メリット

下半身は脱がなくても良い
キャバクラと違いお酒は飲めなくても可

デメリット

指入れやキスは必須
回転速度が速いため
相手する人数が多い

クニクニクラブの場合

基本サービスはクンニのみ
他のオプションで脱いだり、キス等もありますが
希望があればNGに出来るので
舐められることに抵抗が無ければ誰にでも出来ます。
処理はお客様ご自身でしてもらうシステム。

メリット

キス等、クンニ以外のサービスはNGに出来る

デメリット

下半身は脱ぐ必要がある

待遇

待遇

待遇に関しても大きく違いがあります。
基本的に分類としては
キャバクラと風俗なので
どちらもそれに沿った待遇に。

セクキャバの場合

基本的にキャバクラと同じ制度です。
ヘアセット代や衣装は自腹
同伴やアフターもあります。
日払いも出来なく
週払いか半月での支払いが多いです。

メリット

出勤自由
時間給
送迎可能

デメリット

遅刻罰金
欠勤罰金
雑費引き
同伴やアフターがある
日払いが出来ない

クニクニクラブの場合

完全自由出勤
遅刻や欠席罰金もなく
営業メールなんかも要りません。
代わりに写メ日記があり
やっていたほうが指名に繋がります。

メリット

出勤自由
その他罰金なし
完全日払い

デメリット

強制ではないが
写メ日記がある

まとめ

選ぶ目安としては

・脱ぎたくない
・安定した収入が欲しい
・稼ぎはある程度でいい
→セクキャバ

・クンニを許容出来て触られるたりキス以上は嫌!
・そこそこ稼ぎたい!
・日払い出来て罰金がないとこが良い!
→クニクニ

どっちがいいかはあなた次第です。
両方良いところ悪いとこあるので
しっかり吟味してご応募くださいね。

やってみないとわからない!
というのであれば体験入店も毎日承っていますので
お気軽にお問い合わせください。

2017/06/05

最新の記事5件

お知らせカテゴリ:

月別の過去の記事:

ご応募・ご相談はお気軽にこちらから♪面接交通費支給中!受付時間10:00~23:00